単身引越しなら大阪でも格安で済ませることが可能です

SITEMAP

爽やかなスタッフ

繁忙期を避けた6月と11月が引越しの狙い目

ダンボールを運ぶ

引越しするための費用は、一年を通して変動していることが珍しくありません。
そのため引越し代金を少しでも抑えて古い住居から新しい家に引っ越すのであれば、基本料金が安く設定されている時期に申し込みするとお得感があります。
特に単身引越しでは、荷物はファミリー層より少なかったとしても、費用は格安の方がいいという人も多いです。
では単身引越しするには、いつに引越し日を設定するといいかというと、それはまず引越し業者の繁忙期以外を狙うのが穴場です。
そのため引越しをする人が少ない6月や11月が格安価格となることが多くなっています。
それはなぜかというと、6月や11月は春先や年末年始と違って人の動きが少ない時期です。
大阪など都市部であれば会社に就職したり転勤したり3、4月に多くの引っ越しが発生します。
また学生であれば春だけでなく、夏休み期間から秋にかけて入学や編入がはじまります。
大阪のように大学が乱立してる地域では、特にその時期の単身引越し価格は安い時期に比べると高くなります。
だからこそ安い料金で家具や家電を大切に新居に運ぶのであれば、大阪なら梅雨の6月や、師走一歩手前の11月に作業日になるように、引越し業者へ依頼するとお財布に優しく引っ越せます。

自分の要望に合った引越し業者を選びましょう

3月~4月は大学進学や就職などで単身引越しなどが増えてきます。
特に遠方から上京する方で大阪から東京に単身引越しをする人も多いと思います。
自分で車を運転し荷物を運ぶのも良いとは思いますが、引越し業者へ依頼した方が格安にできる場合があります。
業者を選ぶポイントは様々ありますが、やっぱり一番はどこが値段だと思います。
同じ場所に荷物を運んでくれるならより格安の業者を選びたいと思うのが人の常です。
また、通常よりも格安で単身引越しをしたいのであれば、繁忙期や休日をを避けるのがポイントになります。
できるだけ、段ボールの料などを減らすのも手です。少量のものであれば自分が引越し先に向かえ時に持っていくことも可能なのです。なんでもかんでも段ボールに詰め込むのはやめましょう。
洋服類も引越し先で購入できるので、必要最低限に限定するなど努力が必要です。
業者を選ぶ際は面倒くさがらずに必ず、何社かの見積もりを取りましょう。業者によっては距離などによっても料金体系が変わってくるし、対応も変わってきます。
また、余談なのですが、なぜか大阪に住んでいる人は他県に引越しをするのではなく、大阪市から大阪市へと短い距離で引越しする人も多いみたいです。

単身者引越しならパックでするのが安心・お得

単身引越しするときは、業者に依頼せず、自分だけ、または知人や友人に頼んで済ませてしまおうと思う方もいらっしゃいます。単身引越しでは様々な手続きが必要です。引越し自体の作業以外にも、転入届や家具の買い足しなどがあります。また学生さんや社会人の方は、学校や会社のスケジュールに合わせて短期で引越を済ませなければいけません。限られた時間の中で自分たちだけで引越作業をすることになると負担が大きいです。引越しの中でも大型の家電や家具は、運ぶ際のケガや、腰を痛めるなどのトラブルが多いのです。自分だけならまだしも、知人や友人がケガをしてしまった場合、ケガの補償や通院の補助をしないわけにはいきません。また引越し作業のお礼なども考えるのが社会人としては必要です。そういった事を考えずに引越しを済ませたい場合は引越し業者へ依頼するのが良いでしょう。業者に頼むとなると気になるのが料金です。しかしパックなどで依頼すれば、引越しが安く済ませられます。例えば大阪の業者などは、大型の家具、家電などを運ぶプランや、逆に梱包から荷解きまでしてくれる業者もあります。格安プランを大阪で探すなら「単身引越し、格安プラン、大阪」で検索してみましょう。まずはいくつかの業者の見積もりを比較検討するのが良いでしょう。